恥ずかしかった・・・ / 投稿者:あや

朝の通勤電車でとても恥ずかしい思いをしました。 ドアに向かい合わせで立っていたら、太股を触ってくるので振り払おうとしたのですが、窮 屈だったので思うように手を動かせず、もたついたスキに脇から前に手が回ってきました。

手はブラウスのボタンを外して、中に入ってきます。ブラの上から撫で回されると、すぐに 乳首が固くなってきました。痴漢もすぐそれに気付いて、ブラからDカップのオッパイを出 して直に触ってきます。プルンと撫でたり、モミモミされたり、乳首をつままれたり、オッ パイを触られるのが好きな私はすっかり感じてしまいました。

太股を触っているのは、手の向きからして別の人のようです。いつの間にかスカートはた くし上げられていて、閉じている脚の間を割るように手を入れて来ます。力を入れてたので すが、乳首にバイブレーションをかけるように触られた瞬間力が抜けてしまいました。

すぐにショーツの中に指が入ってきました。2人に同時に触られてる事実に妙に興奮して、 押さえようとしても息が荒くなってきます。指はクリを刺激してきて、膝がガクガクしてきました。

痴漢は大胆になってきて、ブラウスのボタンを全部外して前をはだけさそうとします。 抵抗しましたが、2人で挟むように立っていて動けません。その時!私の乗った快速電車の横 を、新快速が追い抜いて行きました。

"見られちゃう!"でも顔がわからないように俯くのが精 一杯でした。オッパイ丸見えで痴漢されてるのを、一体何人の人に見られたんでしょう・・ ・。

恥ずかしくてたまらないのに、その瞬間にイッてしまいました。 やがて降りる駅が来たようで、ブラウスとスカートを戻して、2人は去って行きました。 その次の駅で私も降りたのですが、車内でも見られていたようで、中年の男の人が「オッパ イキレイだね」と、耳元で囁いて来ました。

私をトイレに連れ込むと、オッパイに吸い付いて来ました。さっきグチャグチャになっていたあそこも舐めてきて、代わりにオジサンのも・・。 自分がこんなことしてるなんて信じられないまま、バックで入れられて腰振ってました。

でも、あの「見られている」っていう興奮にはかなわなかったかも。 露出狂になっちゃったらどうしよう・・・。恥ずかしかったけど・・・忘れられません。

前の作品へ

一覧

前の作品へ

お勧めリンク
  • カテゴリ
  • おすすめ
  • 体験談