兄妹 / 投稿者:さえ

私は3人兄妹の末っ子です。 そして、女は私だけ、上2人は、お兄ちゃんです。

一番上の兄とは、15才違い、私が物心ついたときには、一番上の兄、いっちゃん(名前:一登カズト)は一人暮らしをしはじめていて、あまりあったことがありませんでした。

私が高1の秋、2番目の兄が結婚するということになった。私は、お手伝いもあり、結婚式場に近い、いっちゃんのアパートに泊まることにした。

久しぶりにあった兄は、30を過ぎたこともあり、とても、大人な感じがして、ドキッとした。 兄も、私を見て、大人になったと、笑顔で迎えてくれた。 一度離婚経験をしている兄は、とても大人で、ドキッとした。

夕食を終えて、先にお風呂に入っていいよ!と言われたので、いつも家でしているように、兄の前で、スカートを脱ぎはじめると…『バカっ!!どこで脱いでんだよ!!』と、兄が焦ったように、顔を真っ赤にして怒った。

『なんで!?』私が、いうと
『ココで、脱ぐんじゃねぇよ!お風呂で脱げよ!!』
『え~狭いじゃん』
『何考えてんだよ~恥ずかしくねえのか?』
『別に~いつも家だと何も言われないしぃ~』
『いいから、あっちで脱げ!!』
と、私を見ないで、ムスッとしている兄

私が中途半端にスカートを脱ぎながらお風呂に向かい、 後ろを振り返り兄にベぇ~っとすると、兄は焦ったように下を向いていた。 年甲斐もなく、可愛いじゃん!と思いながら、シャワーだけ浴びバスタオルだけで出ると…

『また!お前はいいかげんにしろよ~早く服を着ろ!!』 顔は向こうをむいているが、首まで赤くなっているのが分かる。 私は、おもしろくなり、後ろから、兄の背中に抱きついた。

バスタオルが濡れていたせいで、兄のTシャツも湿ってしまい、兄は 『うわっ!濡れてんじゃねえか、離れろ!!』と すると、私のほうをみた兄のスウェットの股間あたりが、膨らんでいるのがわかった。

私は、おもしろくなり、兄に 『いっちゃんコーフンしちゃってんの~?』というと、 『いいから、早く着替えろよ~』とあわてて、私を交わして、お風呂のほうに行こうとしたので、 再度、後ろから『い~っちゃ~~ん』としがみついた。

すると、兄はしばらく私を放そうとしたが、私が隙をついて正面に回りこみ、抱きしめて『大人びてびっくりしちゃった?』と聞くと。『あたりまえだろ、さちは、もう大人なんだから』とやさしく抱きしめてくれた。

私が、パジャマもってこなかったから、なんか貸してと兄にいうと…… 兄は、Tシャツを持ってきた。 私が、バスタオルをストンっとおとし、全裸で万歳のポーズをしながら、 『着せて~』というと…兄は…『いいかげんに…しろ…』といいながら、私を押し倒しおっぱいにむさぼりついてきた。私は兄に久しぶりに会ったときから、抱きしめてほしかったため、そのまま受け入れた。

『さち…いいのか?もう、止まんなくなっちゃうぞ…最後までしちゃうぞ…ホントにいいのか?』 『いっちゃん…いいよ…さちも、いっちゃんに抱いてほしい…』

兄は優しく髪をなで、舌を絡め、そして首元から胸、お腹、秘部、足の指先まで丹念に舐めて愛撫してくれた。私がお返しに兄の全身を舐め、シックスナインの状態になり、兄の大事な部分を舐めると兄は気持ちよかったのか一度果ててしまった。私がゴクッと飲み込んであげると『さち…お前…オンナになったな…』と、それから私を抱きしめ、キスをし、舌を絡めあった。

兄は私の中に沈めるのをためらっていたので、騎乗位になり、自分から体を沈め、ゆっくりと腰をうごかすと『ダメだ…あまり動くな…気持ちよすぎる』『ダメ…いっちゃん…私も気持ちよくて…止まんないよ…』

兄のあの部分は、私の中でますます膨らんで、ビクンビクンとしているのがわかった。 「アパートの壁が薄いからあまり声を上げるな!」と兄は私の口を押え、私も声を上げないようにしていたが、最後はあまりの気持ちよさに激しい声をあげ二人同時に果ててしまった。

翌日の結婚式、私は着物を着たが、下着をつけずに参加した。 そして式が終わると、式をしたホテルの部屋をとり、愛しあったのです。

今年から大学に通うため兄と二人暮らしを始めた。 両親は、兄が一緒にすんでくれるから安心だと言っているが本当のことを知らない。

毎日が、夫婦のように甘い生活です。

前の作品へ

一覧

前の作品へ

お勧めリンク
  • カテゴリ
  • おすすめ
  • 体験談