昔の不倫相手と / 投稿者:四十路

この間、昔の不倫相手の美佐子31才と公園でバッタリ出食わした。本気にならないうちにと別れて2年ぶりだった。お互い家族連れだったので目で挨拶をして通り過ぎた。

その後、美佐子からメールが届いた。「アドレス変わってなくて良かった。チョット話だけでも出来る?」ハラ具合が悪いからと一人離れて人の少ない林道のトイレ横で再会した。旦那とは相変わらずでエッチは年に1・2回、俺との事を思い出して自分で慰めているらしい。

話をしているうちにお互いに抱き合い唇を重ねた。「アソコに入らない?」美佐子が指差すのは【車椅子用のトイレ】「・・今だけでいいから慰めて」二人でトイレに入るとカギを閉めて激しいキス。

「淋しいの・・・抱いて!激しく犯してぇ!」俺が服を脱がせると美佐子も俺の服を脱がせる、旦那がほったらかしにしてるのが理解出来ないような体を久々に堪能。引き締まったスリムな体を抱き寄せDカップのオッパイを揉み始める。

美佐子の手が勃起したモノを握ってシゴキ始めると、茂みの奥に指を這わせて敏感な部分を刺激した。すぐに濡れてくるワレメに指を入れて掻き回すと、腰を動かしながら「ハァハァ」と荒い呼吸でガマン汁を指で亀頭に塗り付ける。

「もうこんなに濡らして、脚を上げてイヤラシくなったオマンコ見せてみろ」美佐子は片足を便器に乗せて脚を開いた。「舐めてやるから自分の指でオマンコ広げてクリを剥き出しにしろ」

言われるままに広げたオマンコを舐め回すと、感じながらも耐えている。「気持ちいい・・・声出ちゃう・・・ぅ」指で奥まで突きながらクリを吸って舐め続けると、体を震わせながら「あぁ~気持ちいい~イッちゃう、イッちゃう、あぁっイク~」絶頂達して便器に座り込んだ美佐子にガマン汁の滴るチ○コを突き出すと震える手でシゴキながら嬉しそうにしゃぶり始めた。

「あ~ヤッパリ大きい・・・この感触思い出しちゃった・・・」頭を前後に動かして音を立てながら激しくしゃぶり「早く欲しいの・・コレで思い切り突かれたい・・」「バックで入れてやるから向こう向けよ・・」美佐子はタンクに両手を付くと脚を開いてオシリを突き出した。

愛液を太ももまで垂らしているオマ○コに亀頭を押し付けると、美佐子の腰を抱えて一気に突き刺した。美佐子の体が仰け反り突き刺したチ○コをギュッと締め付けてくる。「相変わらず締まりがいいな・・激しく突いてやるぞ!」「アナタのが・・あぅ・・大きいから・・・オマンコが一杯になってる・・ぅう」

オッパイを掴んで乳首を指で強く摘まみながら深く激しく動かすと、気持ち良さそうな表情で振り返り、挿入される様子を見ながら感じている。「気持ちいい・・もっと突いて!旦那の100倍気持ちいいよ・・ぅぅん!」出し入れする度にオマンコがグチュッグチュッとイヤラシク音を出して締め付ける

「忘れないように激しく突いてぇぇ!ダメェ!イッちゃいそぅ!」「俺もイ キそうだ!便器の中に出そうか!?」「ダメェ!私に飲ませて!ゴックンするから残らず口の中に射精して!」「・・よ~し、いいか?イクぞっ!」

美佐子の体が揺れるほど激しく動かし「あぁ~出すぞ!アッ、イクッ!」チ○コを抜くと急いで振り返った美佐子は口に咥えて激しくシゴキながら舐め回した。手でシゴいて残らず口の中に絞り出すと、味わうように飲み込んだ。その後・・・美佐子とは逢ってないがアドレスも変えていない。

前の作品へ

一覧

前の作品へ

お勧めリンク
  • カテゴリ
  • おすすめ
  • 体験談