夏の出来事 / 投稿者:陶子

それは、夏休みの出来事。 その日は息子の友達が遊びに来てました。

忘れられない事が起きたのは友達が帰った後、 リビングのテーブルを拭いてたらいきなり息子がお尻を触ってきたのです。 私はとっさに手を払いのけ息子を睨み付けました。 息子から出た言葉は予想もしない言葉でした。

「絶対誘ってるだろ…いやらしい…下着の線が見えてるんだよ」 その日はベージュのタイトスカートと白のノースリブのシャツでした。

私は息子の友達達の視線を思い出して頭が真っ白になり、言い返す事が出来ませんでした。 「42のババアのくせにスカート短いんだよ…わざと物落として尻見せつけやがって」 友達二人の名前を出して「どっちが目当てなんだ?」とさえ言ったのです。

私は怒りと羞恥が入り混じり、頭がカッとなり、気が付いたら息子の頬を叩いてました。 息子の目の色が変わったかと思うと、いきなり私に抱き付いて来ました。 ソファに押し倒されたので、めちゃくちゃに暴れて息子を跳ね退けました。

しかし息子は止めようとしません。 息絶え絶えになり、とうとう馬乗りになられて両腕も膝で押さえ付けられてしまいました。 そしてシャツをめくりあげられ、胸を揉みしだかれてしまったのです。 忘れていた感覚でした。 たちまち甘い感覚が私を襲ってきました。 息子は無言のまま胸をもて遊び続けました。 はしたない声を漏らしていました…変になりそうでした。

「やめなさい!親子なのよ…こんな事して…きっと後悔するわよ…!」 必死に息子を説得しようとしました。 しかし返ってきたのは耳を塞ぎたくなる言葉でした。 「乳首がビンビンじゃないか、したくてたまらなかったんだろ…? 親父が単身赴任で欲求不満なんだろ?どっちとやりたかったんだ…?」 そう言いながらキスをしてきました。

息子の舌が入ってきた瞬間私の理性が飛んだのです。 舌を絡ませキスに応じていました。 体の力を完全に抜き、息子のなすがままとなったのです。 その日から私の女の部分、恥ずかしい所を全て晒け出してしまったのです。 親子関係は崩壊しました、二度と元には戻れないと思います。

前の作品へ

一覧

前の作品へ

お勧めリンク
  • カテゴリ
  • おすすめ
  • 体験談