後輩との賭けに負けて / 嘉彦

今から2年前のこと。 3年後輩の浜野が26歳・俺は29歳・俺の彼女の知香子24歳だった。 知香子はエキゾチックないい女で、ヤリチン浜野は知香子を落とす自信があると言った。

知香子は俺にゾッコンだったし、浜野に半ば強引に賭けをさせられた。 浜野が知香子を落とせたら頂く。 落とせなかったら浜野が俺に一万円を出す。

俺が仕事と偽り知香子とのデートをドタキャンし、そこに浜野が知香子をナンパする。 浜野のマンションの合鍵をあらかじめもらい、浜野からメールが来たら先廻りして浜野のマンションで隠れて二人の様子を伺う。 しかしエッチしようが俺は知香子にも浜野にも、何も言わないし黙って見る約束だ。 そして。。。俺とのデートをドタキャンされた知香子は、浜野にナンパされ居酒屋に連いていった。

1時間程経った頃 「今から彼女とマンション行きます。寝室の押し入れに隠れていてください」 とメールがきた。 マジかよ?! 急いで先廻りし寝室の押し入れに身を潜めた。 わずかに隙間を開けて・・・。

10分ぐらいして二人がマンションに来た。 二人が寝室に来て、ベッドに腰掛け話をしていた。 「でも私やっぱり彼氏いるし・・・」 「彼氏も他の女とヤッてるよ」 「う、うん・・・」 浜野にキスをされそのままベッドに押し倒された知香子。 手際よく服を脱がされブラジャーを抜き取られた。 「電気消して」 知香子がつぶやくが浜野は消さなかった。 押し入れの俺に見せつけるつもりだ。

浜野に乳房を揉み上げられ乳首を舌で頃がされ、いつになく息遣いが荒い知香子。 知香子がパンティーを脱がされ、浜野がパンツを脱いだ。 浜野はズル剥けの黒光りした凄いチンボだ。

知香子のまんこにチンボをあてがった時に知香子が「ねぇゴムして!」と言った。 浜野は押し入れの俺に勃起したチンボを見せつけるように、引き出しのコンドームを取り出し付けて知香子のまんこに挿入した。

騎乗位で突き上げられた知香子の小ぶりな乳房は、プルんプルん回転しながら揺れていた。 フィニッシュは正常位だった。

完全に俺の負け・・・。 知香子はシャワーを浴び部屋を出て行った。 あれから1年後に、俺と知香子は結婚した。

前の作品へ

一覧

前の作品へ

お勧めリンク
  • カテゴリ
  • おすすめ
  • 体験談