妻が3日間も / 馬鹿亭主

年末からいつもつるんでいるダチがやってきました。 ダチの言うことには、今年、俺がマージャンで勝ったぶんのお金30万円を返して欲しいとのこと。

今年の借金は今年のうちに払えと言ってきたのです。 それには妻もびっくり。もう銀行も閉まっているし、元日2日は休みでATMも3日まで止まっている。

「だったら、奥さんの体でもいいぞ」 と、ダチが言い出し、妻も了承した。

妻とダチはテレビの前に布団を敷き、裸になって始めやがった。

妻の上に覆いかぶさり、腰を振るダチ。 妻も下から抱きつき、大きく足を広げている。

時には妻を横向きに寝かせ、後ろから竿を突っ込むダチ。 そして動きが止まったと思ったら、二人で仲良く紅白を見ていやがった。 紅白が終わると再び腰を動かし、除夜の鐘にあわせて突きまくり、それから3日間嵌めっぱなし。

一晩10万の割りなんだって。 妻はこんな良い思いをして10万稼げるんだったら、いつだってマージャンで負けてもいいよだって。 俺たち夫婦なのに今年まだセックスしていない。

前の作品へ

一覧

前の作品へ

お勧めリンク
  • カテゴリ
  • おすすめ
  • 体験談