新婚さん / 投稿者:お隣

転居した当日は疲れで眠って気付かなかったが、次の夜、寝室の壁一枚隔てた隣の部屋の寝室からアノ声が聞こえてきた。 左右対称の造りのため、隣の部屋の寝室と壁一枚…マンションなのによく聞こえる。 女の声が大きいのか、アノ声は中休みも入れて2時間近く続いた。 好き者だなと思って、アノ声を聴きながらオナニーして寝た。

翌朝ゴミを捨てに出ると子供を連れて母親が出てくるところを見た。 『子供がいるのに、あんなにやりまくっていたのかよ』と、 女の顔を見ると篠○涼子によく似た美人で、ケツのぷりっとした丸さがたまらなかった。 『いいケツしてるな…やらしてほしいな』とケツに見とれた。

その夜も期待を裏切ることなく始まった、1時間くらいやっていた。 男の声で「もっと舐めろ…いいぞもっと腰振るんだよ!」と体位も手に取るようによくわかる。 あの奥さんが、「いい~っ、もっと突いて…かき回して!」と言っている…たまらずオナニーしてしまった。

翌朝、昨日と同じ時間に出てみると、モロに顔を合わせた、胸もデカかった。 よっぽど好き者なのか毎晩やっている。 毎朝顔を見るのも日課になった。 回覧板が回ってきた。 インターフォンのモニターに隣の奥さんが移っている。 Tシャツとパンツの姿でドアを開けた。 パンツはかなり膨れていた。 隣の奥さんはニコニコしながら回覧板を渡し、俺のパンツをチラッと見つつ隣へ戻って行った。

その夜は静かだった。 旦那が留守らしく次の夜もまた静かだった。 3日目の夜ブーン、ジー!と音がして奥さんの喘ぎ声だけ聞こえてきた。 30分ほど続き、奥さんはイッたみたいで静かになった。 翌朝また回覧板が回ってきた。

奥さんが子供を保育園に預けて帰ってきたところらしく、俺はたまたま休みだった。 またパンツ姿で出てやった。 奥さんが回覧板を渡す時、俺は敬語で文句を言ってやった。 「毎晩毎晩うるさくて眠れないんですけど…お願いします、昨日のバイブは凄く大きな音でしたよ?」 と言ってやると、奥さんは顔を赤くして立ったまま固まった。 「管理会社に言いましょうか?」と言うと、「ちょっと待ってください…!」とうろたえやがった。 玄関に入ってきたのでドアを閉め、「毎晩毎晩たまらねぇんだよ!」とパンツをめくりチ○コを出した。 奥さんは、顔を背けたものの、大きな声で「管理会社に言うからな!」と言うと、「やめてください…」と小さな声で言い俺を見た。 そして、俺のチ○コを見た。

奥さんは好き者だった。 これからもっと脅してやろうと思っていたのに、奥さんの方からしゃがんで俺のチ○コを咥えやがった。 旦那は一週間留守らしく、好き者の奥さんは俺のチ○コに我慢出来なかったんだ。 本当に好き者で、フェラは「風俗勤めしてただろ?」と聞いてしまう程上手かった。 実際抜きキャバにいたらしく、玄関で立ったままハメさせてくれた。 バックでハメたままベッドに行き、昼までやりまくってやった、最高だった。 昼飯をピザをとって食べた後またやった。 15時頃、奥さんはようやく自分の部屋に帰った。

夜、またバイブの音が聞こえてきた。 『昼間あんなにやったのにまたやってるぜ…』と呆れていると壁をコツコツ叩く音がする。 しばらくすると、携帯にメールがきた。 昼間奥さんと教えあっていたのだ。 『行っていい?』とあった。 俺は『好きだなぁ』と返事した。

奥さんはすぐに鍵を外したドアから入ってきた。 パジャマ姿だった。 朝までいろんな体位でやりまくってやった。 ケツの穴も開拓済みで、淫乱な篠○涼子似の精液便所が隣に出来たことを喜びながら、お構いなしに中出しした。 「3Pやらないか?」と聞くと「どんな人?」と聞いてくる。 次は輪姦プレイで奴隷にしてやろうかなと今考えてます。

前の作品へ

一覧

前の作品へ

お勧めリンク
  • カテゴリ
  • おすすめ
  • 体験談