一晩の / 投稿者:拓哉

今住んでるアパートの隣に住んでいた奥さんと、一度だけ関係しました。 当時俺は28歳で美穂さんは35歳で細身で色白で世話がいい奥さんでまじめな感じだった。 結構顔合わせるから仲良くなり、夕飯を分けてくれたり、田舎から貰った物を分けてたりしてました。

欲望ってのは湧かない感じで、まぁ綺麗な足位は見てたかな?こういう人と結婚したらいいだろうなぁとは思ってた。 俺が住みだして一年半位した頃、旦那さんの転勤で引っ越す話を聞いた。 「仲良くなれたのに残念です」と話すと「そうねぇ…私も寂しいもん」とシンミリ話してると、 「今日は誰も居ないから飲みに行くね」と。 冗談だと思ってたら夜にノックされました。

「冗談だと思った?」と言われてびっくりしたが、 部屋に入り飲み始めたのはいいものの、美穂さんペースが早い早い。 あっという間に酔ったと思ったらいきなり黙りこんで沈黙されました。

そして「ねぇ…私って拓哉君から見て魅力あるかな?」と言われて、 いきなりだったが「うん、細身で綺麗だから」と話すと、いきなりキスされました。 「私、拓哉君好きだったのに気づかなかった?」と言われ、 気づかなかったと呟き、そのままキスして抱き締めた細い体は柔らかかった。

その場に押し倒してエッチしようとしたが「ベッドがいい」と言われ、 ベッドで脱がせて細身の体に吸いついて愛撫すると、反応鋭く乳首も凄い感度でした。 クン二は「洗ってないから」と言われ嫌がりましたが、舐めて上げると嬉しそうな顔で「来て」と。 誘われるままゆっくりと挿入すると、 「アアッ…!硬くて凄い!」と、ぎゅっと抱きつかれ腰を動かして行くと、とろけた中は柔らかく締めてくれました。 「アアッ!アアッ!」とびっくりするくらい声を上げる美穂さんに、何度もキスして向こうも舌を絡めてくれ、細い体に何度も打ちつけました。

ちょっとイキそうになったので、動きを止め首筋から乳首を舐めまわして、 再び動き美穂さんの体に何度も打ちつけてると、気持ち良くなって来て…。

美穂さんは気づいてて「拓哉君いいよ…出して」と言われ、抱きつかれると耳元に何度もキスし、 激しくしてぎゅっと力強く抱きつかれた瞬間ヌルヌルの膣の中で発射した。 いつもより長い射精で「アアッ!いっぱい出てる」と美穂は感じてた。 その晩美穂さんと数回セックスし、朝方「ありがとうね」とキスして帰って行きました。

美穂さんは一週間して引っ越して行きました。 最後「色々ありがとう」とニヤリと笑ってたけど。

前の作品へ

一覧

前の作品へ

お勧めリンク
  • カテゴリ
  • おすすめ
  • 体験談