得意先の事務員さんと / 投稿者:営業マン

私は35歳既婚の営業マンですが、先日得意先の事務員と関係を持ちました。 その得意先は社長と事務員2人だけの会社で、社長がほぼ出掛けたままなので事務員さんとはよく喋っていた。 見た目25歳くらいだと思っていたら実は39歳既婚で中2の息子がいるとの事、旦那とはうまくいってないらしい。 「そんな風に見えませんね!」等と誉めたおしていると、気を良くしたのか「メルアドを交換して」と言ってきたので、 その日はメルアドだけを交換して帰った。

しばらくはたわいもないメールをしていたのだが、 ある日『エ~ン』とだけ書かれたメールが来たので気になり、彼女の会社に寄ってみました。 着くと、いつもニコニコして迎えてくれる彼女が泣いていた。 その泣き顔にムラムラきた私は、とっさにキスをしてしまった。

嫌がる素振りもなく、逆に激しく舌を絡ませて来たので、 そのまま奥の応接室で押し倒して、いきなりパンツの中に手を突っ込んだ所で彼女は少し抵抗したが、 もう止まらない私は、彼女の口の中を舐め回しながら手マンしていると、 グチュグチュといやらしい音が静かな応接室に響き出し、「いやぁ…いやらしいよ…」と彼女も喘ぎだしました。

ブラウスのボタンを外し、ピンクのブラを上にずらすと、 凄く若い見た目とはうらはらな、ちょっと垂れた乳首の大きいおっぱいが。 無我夢中で舐め回し、段々大きくなる喘ぎ声を聴いて理性がぶっ飛んだ私は、パンストを引き裂きパンツをずらして生挿入。 喘ぎ声のボリュームが上がった彼女の口を手で押さえながら腰を振り続けました。

腰をガクガクさせながら「いっちゃう…いっちゃう!」と何度も絶頂を迎える彼女を見ていると、 堪らない気持ちになり、パンストに包まれたお尻をスパンキング!すると彼女は「いやぁッ!」と叫んで失禁。 立ちバックからソファーで正常位に変え、それから彼女の長い脚を肩に担ぎ、さらに激しくピストン。 歯を食い縛る彼女の顔を見下ろしながら、何度目かの絶頂に合わせて、 「何処に欲しい?」と聞くと、「…中に…ちょうだい…中に…」と言うので、 調子に乗った私は「中じゃないだろ?ちゃんと言わないと止めるよ!」と言ってみると 「…マ○コにください…たっぷり中出ししてぇッ!」と言わして思いのたけを彼女のマ○コに注ぎました。

しばらくガクガクしている彼女を見ながら、 フェラをしてもらってない事を思い出し、お掃除フェラを命じると、凄い勢いでチン○を吸いまくり、 本当に愛しそうにチン○を舐め回すので、彼女の口からチン○を抜き、 顔のあちこちに擦り付けながら、「どうしたい…?」とたずねると、 「また入れて欲しいです…マ○コにチン○突っ込んでください」と息絶え絶えで訴えるので、 少し焦らしてマ○コにチン○をネチャネチャと擦り付け続けながら、 「ションベン臭いこのマ○コに欲しいの?」と意地悪すると、 「言わないで…!こんなの初めて…誰にも言わないで…早く!狂っちゃうぅ!」

その声を聞いてテンションが上がり切った私は無我夢中で2回目の中出し。 さすがに人妻はエロいなぁと思いながら帰社の途中メールが、 『変態』とだけ書かれていたので『○理さんの方が変態ですよ、だってあんなに乱れる女のコ見たことないもん(゚д゚)』と返信。 そこから返信がなかったので、2日後何食わぬ顔で彼女の会社に電話をし、 「社長いらっしゃいますか?」と尋ねると、「本日は現場に出て夜まで戻りません」との事。 「それではすぐに伺います」というと「お待ちしております」という事で、 今度は事務所でいただきました。

電話を取る彼女をいじくりまくったり、背徳感を楽しんで帰りました。 また中出しだったけど大丈夫なのかな? 先日は彼女にとって5年振りのSEXだったらしく、明るい所でするのも、 いやらしい言葉を言わされるのも初めてだったらしいので、 自分でもビックリする程感じた、との事で、あれから社長が出掛けたらすぐメールが来る。 何の取り柄もないと思っていた自分が美人の他人妻を快楽責めにしていると思うと何か不思議だが、 せっかくの機会なのでしばらくこの関係を続けようと思ってます。

前の作品へ

一覧

前の作品へ

お勧めリンク
  • カテゴリ
  • おすすめ
  • 体験談