喰われた / 投稿者:勝

19歳の大学生時代に、バイト先の人妻と三年関係しました。 美佐子という33歳の人妻で、バイト先でよく話とかしてて仲良くなりました。 茶髪のショートで155位、あんまりおっきくない細身の人妻。 バイト始めて3ヶ月位して美佐子が急に辞めることになって、 その時「ご飯食べに行きたいから」とメルアドを聞かれ、毎日やり取りしました。

1ヶ月してご飯食べる事になり、昼に食事して美佐子の車で走ってたんですが、 夏場だけあって胸元が開いた服装でスカートもちょっと短め。 そしたら「まだ時間あるからいいよね!」と言いながらホテルに。 「まじかよ!」と部屋に入って座るなり「ねぇ…Hした事ないでしょ?」と言われて頷くと、 「別に責めてないからね…」とキスされて、股関を触られ「正直だね…」とシャツを脱がされ乳首を舐められ…、 いつの間にかチャックを開けて中を握りしめられて「あ~ん、元気くんだね」と言うと上着を脱ぎ捨て、 ブラを外して「あっち行こう」とベッドへ。

体中舐めまわされ「かわいい」と言いながらトランクスを下げて来て、初フェラに悶えてると 「敏感くんだね」と丁寧に舐めまわされて、上から跨って一気に中に沈められ、初めての中はあったかいし、ヌルッとしてて気持ち良かった。 「アアッ!気持ちいい!」と絶叫に近い声になり激しさをますと、すぐに限界が来て、「ヤバい」と思ったら運良く動きを止めて、 「疲れたから上になって」と言われ、繋がったまま起き上がって対面座位になると、「あ~ん奥にくる~」と動いて来て、 そのまま中でぶちまけました。 「ごめんなさい、出ちゃった」と謝ると、「いいわよ…仕方ないじゃん」と許してくれました。

でも、その後二回催促されノルマを果たし、それからバイトのない日にこっそりあってエッチを繰り返してました。 肌が柔らかいし、細身だけど胸が意外にあってたまらなく、あの当時は暇さえあればメールして誘ってました。 三年たって就職するまででしたが子供も出来なくていい勉強になりました。 後遺症というか、その後に彼女が出来て、エッチした時に締まりの良さにびっくり(やっぱ、子供産むと緩くなるんだなぁ)。 あと、フェラがあんまり上手くなくて不満を持ったりとかはありましたし、「遊びまくってるでしょ~」と疑われた。

前の作品へ

一覧

前の作品へ

お勧めリンク
  • カテゴリ
  • おすすめ
  • 体験談