高速バス / 投稿者:よーすけ

10年くらい前、妻が29歳くらいの時の話。

その日、何の用だったか忘れたけど、急遽、名古屋まで行かなきゃならなくなって、会社帰りに高速バスの乗り場で妻と待合せた。妻も会社から直行だったため、いつものラフな格好じゃなくて、スカート裾の短いグレーのスーツを着ていて、夕暮れの中で佇んで待っている姿が妙に色っぽく見えたのを覚えている。

バスは残りの座席が殆どなく、俺が単体のシート、妻が俺の前列の二列シートの窓側に座ることになった。妻の左隣はサラリーマン風の中年男性だった。バスは程なく高速に乗り、昼間の仕事で疲れてた自分はいつの間にか眠っていたらしい。 目が覚めると照明は落ちてて、まわりは既にお休みモードに入っていた。 妻は?と見ると、前席の様子が窓の反射に映っていて、やはり寝ている様子。

ただ、マップライトが付いてて、妻の場所だけほんのりと明るくなっている。隣の男性に迷惑と思い、消すために立ち上がろうとした瞬間、なんか違和感に気付いた。妻の体が微妙に上下に動いている。バスの振動とかではなくて、誰かに動かされてるような感じ。もともと寝取られ願望ある俺は、瞬時に漂う甘い空気を感じとり、心臓がバクバクと鳴り出した。(もしかして…)、薄目を開けて前席の様子を盗み見ることにした。 妻の上下の原因は、スカートのなかに入れられた男の右手だった。薄目なので最初はわからなかったが、男の手首より上が妻のスカートに確かに隠れて、動いている。その動きが妻の体を微妙に上下させているわけだ。パンティー越しに撫でまわされ、クリまで刺激されている感じが伝わってくる。

動きは、初め優しかったがだんだんと激しさをまして、妻の押し殺したような、溜息に擬態した息使いまで聞こえてきだした。おそらく恥ずかしさと怖さで何も抵抗できないのだろうが、俺には止めるなど思いもつかなかった。ただ、とめどない興奮と嫉妬に身を捩じらせていた。

妻の表情は窓の反射で見ても明らかに感じていたが、妻の右手が男の二の腕をしっかり握って離さないのが何よりの証拠だった。手による愛撫は、おそらく10分ぐらいの間だった。俺の想像では、パンティーの中は、もうぐちゃぐちゃにされてたと思う、やがて男は、驚いたことに妻の顔に自分の顔を近ずけ、何か囁くと、いきなりキスをしだした。妻は驚いたような表情を瞬間したが、速攻のキスに抵抗することもできず、受け入れた。長い長いキスだった。まるで恋人同士のように、舌と舌を絡めあっているのがわかった。キスをしながら男の手は又妻のスカートへのび、動いているかと思うと、奥からライトグリ ーンのパンティーが剥がされてきた。

足首までパンティーを移動させると、再びスカートの中に伸びる男の手。時折、ピクンピクンする妻の体を、ディープキスで吸収する。もう俺の中では、最後まで行く期待が膨れ上がって、抑えようもなかった。幸い周囲はお休みモード、バスのエンジン音で淫靡な音も隠ぺいされている。(さあやれ、妻を向い合せに膝の上に座らせて、はげしいチューをしながら、根本まで入れてくれ…)(絶対に中出ししてくれ…)本気でそう思ってた。

俺の想いとは関係なく、当然行為はエスカレートしていく。妻も、もうトロトロ になっているのが判る。男が、妻を抱きかかえようとした瞬間、前の方から若い女の子が歩いてくるのが見えた。お茶かトイレだろう。今まで、まさぐり合ってた二人が瞬時に離れるのがわかった。(素早い!…何故か俺はここで一瞬吹いてしまった。まさに神業!w)

その男は、妻に何か囁いた後、後方の空き席に移動して行った。俺はと云えば、怒張したアレが収まるのをまってから、妻の横に移動した。勿論行為の後はなくなっていたが、匂いが全てを物語っていた。体が痺れるような匂いがした。妻の愛液と男の液が混ざりあってできた淫靡な匂い。浮気した妻の顔が今も忘れられない。ふざけたふりをして、パンティーに触れてみた。やっぱり、ぐっしょりになっていた。

俺は妻に、「眠れた?」と聞いてみた。答えは、「うん、ぐっすり」だったw。あ~あの時、あの女の子さえ来なければなぁ。

前の作品へ

一覧

前の作品へ

お勧めリンク
  • カテゴリ
  • おすすめ
  • 体験談