再会 / 投稿者:同級生

仕事で都内へ出掛ける前に本屋に立ち寄ろうと最寄のデパートに入った。 すると正面の化粧品売り場に見覚えのある女性が二人化粧品を手に話していた。 「M本、I沢!」と僕が声を掛けると「あらやだO山(僕)じゃないの。どうしたの?」

二人ともビックリしていたので、本屋に行く途中見かけた旨を伝えた。 そしてお茶に誘った。 二人とも中学の同級生で15年ぶりの再会だった。

僕も結婚し近所に住んでいる事を伝えると、二人も結婚してM本は近所にI沢は現在アメリカに住んでいる事を聞いた。I沢はビザの関係で一時帰国したタイミングだったらしい。僕は折角だからと仕事をキャンセルする電話を入れ食事に誘った。

M本のご主人はアメリカ人で商社に勤めており、3週間海外出張中だった。 I沢のご主人は仕事を休めなかったので一人帰国していた。 僕も仕事をキャンセルしたので三人でドライブしようという話になり、M本の車で箱根に出掛けた。湯元の辺りでM本が「そういえば私が前に務めていた会社の別荘がそばにあるんだけど、大屋さんに挨拶に寄ってもいい?」というのでちょっと奥まった民家へ向かった。

M本は駅前で買った手土産を持参し挨拶しに行った。I沢と僕は車内で話をしながらM本を待った。M本が車に戻ってくると「鍵借りてきちゃった」とニコニコ喜んでいた。 そして途中お酒やつまみを購入しその別荘へ行ってみると高級別荘マンションでI沢と僕は驚いた。最上階の部屋へ入って景色を観ながらお酒を飲んでいると、会話がエッチな方向へ進展し3Pに縺れ込んだ。

最初は横に座っていたM本と僕がキスし始め、途中からI沢が僕の股間を撫で三人で服を脱ぎながらお風呂へ入った。お互い身体を洗いっこしているうちにM本が僕の肉棒を口に含みフェラし始めた。僕はM本のフェラに気持ち良くなりながらもI沢とキスしながら胸を愛撫した。

I沢はご主人と週2~3度エッチしているが全然子供ができないらしい。 M本も子供ができずに困っていたらしい。それに今回の海外出張はいつもより長いらしく性欲が溜まっていたそうだ。そんな事を聞いた僕は喜んで二人をたっぷり楽しませた。 もちろんこんな事になるなんて思ってもいなかったのでゴムは持参してはいない。 M本を窓に手を突かせ後ろから生挿入。続いて僕が湯船に腰掛けI沢に跨がせる格好で対面座位。

ベッドに場所を移してからも騎上位やバックなどで二人を激しく攻めた。 そしてまずはI沢に正常位で中出し。インターバルを置かずに精子とI沢の愛液で濡れた肉棒をM本のグショ濡れの肉襞へめり込ませ続けて中出し。 お酒で喉を潤しながらそのまま3回戦に突入した。

p> 結局夜の8時過ぎまで求め合って、大屋さんに鍵を返して地元に戻ったのは10時を過ぎていた。翌週M本から連絡がきて平日の昼間再びラブホで3Pし、昨日I沢はアメリカへ帰った。M本のご主人は今度の日曜日に帰国するというので、その前にもう一度二人で楽しむ約束をした。

前の作品へ

一覧

前の作品へ

お勧めリンク
  • カテゴリ
  • おすすめ
  • 体験談